2022年5月7日土曜日

BDオーサリングの時間短縮


ブルーレイディスクのイラスト

ブルーレイディスクのオーサリングは時間がかかりますね。
今回は偶然発見したブルーレイオーサリングの時間短縮ができる方法をメモ。
AVCHD形式でオーサリングする方法です。

用意するもの
  • H.264、フレームレート29.97もしくは23.976、音声AC3形式のm2tsファイル
  • multiAVCHD…フリーのブルーレイオーサリングソフト

元の動画がmp4ファイルなどの場合は

XMedia Recode(動画変換ソフト)や
tsMuxer(m2tsファイルの作成・編集ソフト。ブルーレイオーサリングも可) 

といったソフトで変換しておきます。
エラーや文字化けを防ぐため、ファイル名は半角英数字に変更しておきましょう。

ここではmultiAVCHDがインストールされている前提で進めていきます。

ブルーレイオーサリング 時間短縮の手順

1.multiAVCHDを起動し、動画ファイルを読み込みます。次に「properties」を選択。


2.「properties」画面で音声や字幕、チャプターなどを設定します。「OK」をクリック。

properties画面

3.ブルーレイのメニューや動作の設定が済んだら「Media」画面に戻ります。
この時、下図のように中段「Compilation」欄の動画タイトルが赤くエラー表示されていても、構わず進みます(動画の解像度が「854 x 480」と適切でないため)。
左下段「start」ボタンをクリック。

「Media」画面に戻り「start」をクリック。
4.「Temp folder is not empty!」と出たら「Yes」をクリック。
Temp folder is nat empty画面
5.オーサリングの形式を設定します。「AVCHD for optical media(DVD R/RW or BD-R/RE)」欄の「AVCHD DISC」を選択すると、オーサリングが始まります。
オーサリングの形式を設定
6.オーサリングが完了すると、ログ画面に「End of log.」と表示されます。
約1時間の動画が2分程度で変換できました。
ライティングソフトImgBurnで書き込めば、AVCHD形式のブルーレイディスクが完成します。
オーサリング完了
注意点
1.AVCHD形式のブルーレイプレーヤーでないと再生できない
AVCHD形式でオーサリングするので、AVCHD形式に対応しているブルーレイプレーヤーが必要です。

2.操作時の反応が鈍い
早送りしようとすると反応が鈍いことがあります。

3.ブルーレイレコーダーにコピー不可
本体が破損する恐れがあります。
ブルーレイプレイヤーで再生するには、画面解像度は「720 x 480」「1280 x 720」「1920 x 1080」のいずれかの必要がありますが、この方法では解像度を無視できるため処理時間を短縮できるようです。

管理人の環境では、問題なく再生できています。
たまに保存用にもこの方法を使っていますが、動作確認をしたい時や、とりあえずテレビで見たいという時に便利ですよ。

ブルーレイプレーヤーとの相性もありますので、最初はBD-RE/DVD-RWの使用をおすすめします。