2018年6月27日水曜日

クラウドストレージを一括管理できる「CarotDav」

””
Dropboxなどのクラウドストレージは便利なんですが、デスクトップアプリをインストールするとパソコンのハードディスクの容量が消費されます。
容量を圧迫してまでサービス毎にアプリをインストールするのはどうも納得がいかず、ブラウザからアクセスしていました。
もっと簡単にファイル管理がしたいと思い、使ってみたのがWindows用WebDAVクライアント「CarotDAV」です。
CarotDav
これがもう、めちゃくちゃ便利。無料で使えるなんて素晴らしい。
CarotDavのメリット
  1. 複数サービスをまとめて登録できる
  2. アカウントの切り替え不要
  3. 簡易WebDAVサーバー内蔵でマウントできる
  4. シンプルで動作が軽い
  5. マスターパスワードが設定できる
  6. ポータブル版があり持ち運びが可能
CarotDAVはDropboxの他にGoogleDrive、AmazonCloudDrive、OneDriveなどのクラウドストレージに対応しており、アクセス認証をすればすぐに使えます。
設定後はCarotDavを起ち上げるとログインなしでクラウドストレージにアクセスが可能です。
すぐに使えるのは便利ですが、他人にアクセスされないよう、マスターパスワードは必ず設定しておきましょう。
マスターパスワード入力画面
導入と設定はこちらのページ↓が参考になります。
「CarotDAV」でDropboxやOneDriveなどのクラウドストレージを使ってみる――忘れ荘
使い勝手は非常に良く、WebDAVクライアントが初めての管理人でも迷わず使えています。
同期せずにファイルのバックアップ先として使うならおすすめです。
CarotDAVはVectorからダウンロードできます。
スポンサーリンク
関連コンテンツ