-->
スポンサーリンク

2016年11月26日土曜日

「StatCounter」でAdSenseコード不正使用・不正クリックを監視

3週間ほど前からGoogle Adsenseのマイページに

”お客様の広告コードは過去 7 日間で、所有していないウェブサイトに何度も表示されました。収益の損失を防ぐには、サイト管理の所有サイトリストにこれらのサイトを追加してください。”

と、表示されるようになりました。

新しく開設したテストサイトにAdSense広告は貼っていませんし、サイト認証はすでに済ませています。
こうなると疑いたくなるのがAdSenseコードのコピーですよね。
AdSenseコードはサイトのHTMLソースを見れば誰でもわかります。
そのため、記事内容をAdSenseコードごとコピーされ全く関係ない他人のサイトに貼られてしまうこともあるようです。

それがアダルトサイトなどの違反サイトだったりすると規約違反になりますし、コピーされたサイトで不正クリックが発生する可能性もあります。
放っておくと自分には非がないのにアカウントが停止・無効化されてしまうことも…!

対策として、まずは自分のコードが貼られているサイトをチェックできるスパイチェックツール「SpyOnWeb.com Research Tool」を試してみました。

SpyOnWeb

広告コードのpubから始まるID「pub-*********」を入力して検索して使います。

ところが、どういうわけか自分のサイトすら引っかかってこない。

何度か試しましたがあきらめ、次に「StatCounter」を試してみました。

StatCounter

StatCounterはAdSense広告をクリックした人のIPアドレスを拾ってくれるアクセス解析ツールです。

Exit Links

左メニューの「Exit Links」からクリックされた広告などが一覧表示され、更に虫眼鏡マークをクリックすると参照URLやIPアドレス等の詳細情報が確認できます。

ただし、無料版は直近500件のデータしか確認できません。
仕方ないので管理人は表計算ソフトにデータを取って監視中です。(一部のデータはCSVやエクセルデータでダウンロードできます。)

今のところ同じ人が連続クリックしている様子はないですが、Googleのパフォーマンスレポートよりクリック数が多いです。

やっぱり他サイトからクリックされてるんですかね。

日本語版がないので使いこなせていませんが、不正クリックをチェックするのにおすすめのツールです。
導入方法はこちらのページが詳しいです→AdminWeb StatCounterの使い方

【関連記事】
「StatCounter」で自己アクセスを除外する方法
スポンサーリンク
こんな記事も書いてます↓