-->
スポンサーリンク

2015年9月30日水曜日

レジストリのバックアップと復元方法

更新日:2017年02月25日(土)

レジストリの設定を誤るとWindowsが起動しなくなり、復旧ができなくなります。
事前にバックアップを取りましょう。

レジストリのバックアップ方法

1.スタートボタンの検索ボックスに”regedit”と入力 → 管理者のパスワードまたは確認を求められたら、パスワードを入力するかEnter キーを押す。

2.レジストリ エディタでバックアップしたいキーまたは、サブキーを見つけて右クリックし、表示されるメニューから「エクスポート」を選択する。
レジストリ エディタ
3.「保存」をクリックする。

Windows7はレジストリ全体をバックアップしても復元できないので、変更を加えるレジストリファイルを選んで部分的にバックアップを取ります。


レジストリの復元方法

1.スタートボタンの検索ボックスに”regedit”と入力  管理者のパスワードまたは確認を求められたら、パスワードを入力するかEnter キーを押す。

2.レジストリエディタの「ファイル」タブから「インポート」を選択。

3.バックアップしたレジストリファイルを選び、「開く」をクリックする。


レジストリの操作は慎重に。自己責任で作業するようお願いします。
スポンサーリンク
こんな記事も書いてます↓