-->
スポンサーリンク

2015年10月6日火曜日

バンドル版PowerDVD10と8を無料でPowerDVD12にアップデート!

更新日:2016年11月3日(木)
メイン機のBD-REドライブに付属してきたPowerDVD10。
CPRM対応なのでテレビ録画したBDも見れて便利に使っているのですが、最近になって「このコンテンツは保護されているので再生できません」とか、「この保護コンテンツは、再生前にアクティベートする必要があります。(後略)」などのメッセージが出てBDが再生できない現象が出てきました。

特にBDの場合はAACSの期限が切れてしまうと有料でアップグレードしないと最新のBDが再生できないんだとか。

管理人は部屋にテレビを置いていないので、これは非常に不便な訳です。(今後置くつもりもない)
せっかく買ったのに再生できなくなるなんて。

新バージョンを買うか、それともWinDVDを買うか。視聴を諦めるか…。

と、思っていたのだけれど、ふと画面右上の青矢印からアップデートを試してみようという気になりました。
PowerDVD10
これまでPowerDVDは素直にアップデートすると逆にBDが再生できない場合があったりと、要注意なのはわかっていたので、アップデートの通知はずっと無視してたんですよね(^_^;)

どうせ見られないなら物は試しと、アップデートのリンクをクリック。PowerDVD_v5509_RiTA10(2D)_DVD140526-01.exeがダウンロードできました。

インストールして、さらにアップデートをクリックすると、なんと今度はPowerDVD12(12.0.5522.55)にスルッとアップデートできちゃったんです!
注:それぞれのリンク先のページはそっくりでややこしいですが、パッチは違いますので、ファイル名とアドレスをよく確認してください。

BDを再生してみると、10よりも映像が綺麗な気がする。

気を良くした管理人はサブ機のPowerDVD8(OEM版)のアップデートを試みることに。
最初は「アップデート無し」と表示されましたが、CPRM未対応を承知でテレビ番組を録画したBDを突っ込んでみました。
すると、「アップデート有り」の通知が!!
もしや、BDの再生をしないとアップデート通知が表示されない仕様??

せっかくなのでダウンロードしてインストールし、リンクをクリックして次のアップデートパッチもインストール。
結局8のままだったので、先ほどメイン機にインストールしたPowerDVD12にアップデートしてみようと思いました。
(サブ機は古いパソコンで心配だったので、 ここで一応システムイメージを保存しておきました)

えいっ!とインストールしてみたら、こちらもフツーにアップデート成功!
しかも、これまでCPRM未対応のドライブだとばかり思っていたBD-ROMドライブがCPRM対応だったことを知りました。

ソフトが対応してなかっただけなのね・・・。
なんでもっと早くアップデートしなかったんだろう、とちょっと後悔。
いや、でもうれしい!!

アップデートパッチはこちらでもダウンロードできます。
PowerDVD_12.0.31791.5522_T2_RITA13_BD_DVD150708-04.exe

同様の現象にお困りのPowerDVDユーザーの方はぜひお試しください。 
アップデートパッチの使用は自己責任でお願いします。


使っている内にBDが再生できなくなった場合は、再インストールで改善できる場合があります。
詳細はこちらで→バンドル版PowerDVDでBDが再生できなくなった時の対処法
スポンサーリンク
こんな記事も書いてます。
 

0 件のコメント :

コメントを投稿