-->
スポンサーリンク

2015年10月3日土曜日

IEのキャッシュの保存場所を移動する方法

更新日:2017年02月25日(土)
インターネットエクスプローラー

「IEのキャッシュを移動する」で、間違えていたので訂正します。

はじめに

Internet Explorerで閲覧したWebページの情報は、インターネット一時ファイルやキャッシュデータとして「Temporary Internet Files」に保存されます。

これらの情報があると一度見たページを素早く表示できますが、一時ファイルとキャッシュは一定の容量まで保存されるので、使用するハードディスクの容量を圧迫することがあります。
特にSSDの場合はキャッシュの書き込み寿命や、パフォーマンス低下の原因となります。

そのような場合に備えて、一時ファイルやキャッシュを別ドライブへ移動することで最適化が可能です。

ただし、SSDは読み込みが早く移動しないほうが良いという意見もありますので、ご自分の環境に合わせて設定してくださいね!

※Windows7 IE11で設定します。

IEのキャッシュを移動する

1.「コントロールパネル」 → 「インターネットオプション」 → 「インターネットのプロパティ」→「全般」 タブ→「設定」を開きます。
インターネットのプロパティ

2.「Webサイトデータの設定」画面の「インターネット一時ファイル」タブで 「フォルダーの移動」を選択します。
Webサイトデータの設定1

3.「フォルダーの参照」で保存する場所をクリック。
フォルダーの参照

4.今回は「Dドライブ」に事前に作っておいた「TEMPフォルダ」を選択し、「OK」を押します。
TEMPフォルダ

5.「Webサイトデータの設定」画面に戻り、「新しい場所」で保存先を確認したら、「OK」をクリックします。
Webサイトデータの設定2

6.メッセージが表示されるので、「はい」をクリック。自動的にログオフされます。編集中のファイルがある場合は、先に保存しておくのを忘れずに!
ログオフ

7.同じアカウントで再度ログインすると、「Webサイトデータの設定」画面に現在の保存場所が表示されます。
Webサイトデータの設定3
複数アカウントの場合は、それぞれで設定が必要です。
スポンサーリンク
こんな記事も書いてます↓