2017年2月15日水曜日

訳あってGoogle Adsenseの配置を見直し中

お茶を楽しみながらパソコンとタブレットを操作する2人の女性
先月からちょこちょこアドセンス広告の配置を変更しています。
12月末の支払い額が見積もり収益額から大幅に減額されてしまったのがきっかけです。

「無効なトラフィック - コンテンツ向け AdSense」とあり当月調整額として5.1%減、特に明記されていない分が6.0%減の合計11%の減額でした。

マジか~っ!!

…と言いつつ、実はいくつか心当たりがあったりして(^_^;)
今回は自分なりの考察をまとめてみようと思います。

広告の配置場所がまずかった

たぶん、ブログ説明文の下にでかでかと728×90の広告を配置したのが良くなかったかな、と考えています。
あるサイトでブログタイトルor説明文直下の配置を推奨していたので試してみたのですが、誤クリックを誘導していると判断されたのかも知れません。
ブログタイトル近辺に大きな広告が表示されていたら、間違ってクリックしちゃうことありますよね。
Google AdsenseのパフォーマンスレポートよりStatCounterのクリック数が増えていたので配置換えを検討していた矢先の出来事でした。

色々と試した結果、現在は728×90の広告を削除し投稿タイトルの上に685×60の広告を配置しています。

調整額が出るのは仕方ありませんが、5%を超えた場合はのんびりしないで早めの対処をした方が良いようです。

空きスペースが気になるからといってアドセンス広告で埋めるのはやめましょう。

広告コードが不正利用されてるらしい

以前もあったのですが、サイト認証の警告がまた表示されるようになりました。
自分のサイト認証はすでに済ませているので特に気にせずスルー。
調整額は不正利用されている場合でも表示されるとのこと。
ややこしい💦

Smart Pricingでクリック単価が引き下げられたっぽい

調整額の表示とは直接関係ありませんが、アクセスの少ないサイトに貼っていたアドセンス広告を削除しました。

Google Adsenseでは「Smart Pricing(スマートプライシング)」という機能があります。
広告がクリックされても直帰率が高かったり、そもそもアクセスの少ないサイトでは広告を配信する価値がないと判断され、あるサイトでは100円のものが別のサイトでは50円とアドセンス広告のクリック単価が引き下げられるというものです。
Smart Pricingはアカウント毎に調整されるため、結果的に全てのサイトで収益が減ることになります。
なので「誤クリック誘発」やほとんどアクセスのないサイトに広告を貼るのはクリック単価を引き下げてください。と言ってるようなものらしいです。

恥ずかしながら管理人は今回初めてSmart Pricingという機能を知ったんですね。
最近、クリック単価が低いなぁと感じていたので「まぁ、そういうことか」と納得しました。
深く考えずに広告を配置したこと、全てのサイトのレイアウトをほぼ同じにしたのは良くなかった。

悪質とみなされるとGoogle Adsenseのアカウント剥奪もあり得ます。
警告がくる前に気付いてラッキーだったと思います。

◆Smart Pricingの詳細はこちら――Smart Pricing とは

1月末の状況

また減額されるかと思っていたら、1月末の支払い額は見積もり収益額+5.4%の増額となりました。

ただし、なんとなく増額されているだけで、何の明記もされていません。
こちらのページによると当月調整額が表示されるまでには結構時間がかかります。

請求日から 60 日前までさかのぼり、その期間に発生した無効なトラフィックについては広告主のアカウントにクレジットを適用することになっています。また、調査を完了してクレジットの手続きを開始してから、実際にクレジットがアカウントに表示されるまでには 30 日ほどかかります。

出典:AdSense ヘルプ――収益の減額に関するよくある質問

減額(増額)が適用された期間は非公開、表示されるまで最低90日もかかるので容易に判断できない状態です。
年明けからやってる配置の見直しの結果が出るとしたら2、3ヶ月後。
もしや、これ?と推測するしかないみたいです。
結局、日頃のチェックが必要ということで。

現在の配置はとりあえずなのでしばらくしたらまた変えるかもしれません。

 

2017年1月28日土曜日

「StatCounter」で自己アクセスを除外する方法

更新日:2018年02月10日(土)
””
StatCounter」を導入したものの、自己アクセスの除外をすっかり忘れていました。
このままでは正確なデータが取れないので早速設定しておきます。

StatCounterでの設定方法は2通り。
クッキーで除外する方法とIPアドレスで除外する方法があります。
日本語に対応していないのでわかりづらく、すぐ忘れてしまうのでやり方をメモ。

1.クッキーで自己アクセスを除外する方法

手順1.StatCounterにログイン→画面左上、工具マークがついた「Config」と進んでいきます。
Config

手順2.次のページで左側のメニューの中から「Blocking Cookie」を選択。
自己アクセスが除外されていない場合は画面中央の黄色の枠内に「Blocking Cookie Not Set」と表示されます。
ブロッキングクッキー設定画面1
右下の「Create Project Blocking Cookie」ボタンをクリックします。

手順3.黄色の枠が緑色に変わり、「Your browser currently has a blocking cookie for this project.」と表示されていれば自己アクセスが除外されます。
この方法ではブラウザ毎の設定が必要です。
ブロッキングクッキー設定画面2

2.IPアドレスで自己アクセスを除外する方法

手順1.ログイン→画面左上の「Config」→「Project Settings」と進み、プロジェクト設定画面を開きます。
プロジェクト設定画面
手順2.画面右側「IP Blocking」欄に表示されているIPアドレスを下段白枠にコピー。
手順3.最後に「Update Project」ボタンをクリックすれば完了です。
固定IPアドレスの場合はIPアドレスで設定する方が良いと思います。

無料のアクセス解析ツールはクッキーでの除外設定ができないものが多いですが、「StatCounter」にはデフォルトで機能が備わっているので使いやすいですね。

【関連記事】
「StatCounter」でAdSenseコード不正使用・不正クリックを監視
 

2017年1月21日土曜日

ポータブルで軽量・高機能!テキストエディタを「Mery」に乗り換え

更新日:2018年06月23日(土)
Meryスクリーンショット
テキストエディタは「Terapad」を愛用していましたが、文字数カウンタが使いづらいのが不満でした。
Terapadで困っていたこと
TeraPadスクリーンショット
TeraPadは拡張機能「WideStrCounter Ver.0.07」を追加することで文字数カウンタが使えるようになります。
ただしTerapadで文字をカウントする時は
カウントしたい文字列を選択→「ツール」→「文字数カウンタ」をクリック。
と3ステップを踏まなくちゃいけません。
「文字数カウンタ」
これだと入力時に手を止めてマウス操作する必要があり、面倒くさいんですよね(^_^;)
「ツールの編集」でショートカットキーの設定はできますが、
「ツールの編集」
「文字数カウント」ダイアログが毎回表示されるのがどうもうざったい。
「文字数カウント」ダイアログ
何より集中力が途切れてしまうのが問題でした。
いいとこ取りのMery
この使いづらさを解消してくれたのが「Mery」です。
Mery    
Meryダウンロードボタン
  • ポータブルソフトであること。
  • シンプルで使いやすい。
  • 文字数をカウントできる。
  • 閉じる際に確認ダイアログが表示される
  • カスタマイズができる。
  • 軽い。
と管理人が求めるテキストエディタの条件を満たしてくれています。
タブ表示やフォントの詳細設定、背景色を自分好みに設定できるのもポイント。
文字数はカウントしたい文字を範囲選択するだけでアンダーバーに表示されます。
アンダーバーに文字数が表示される
全文をカウントしたい時は「Ctrl」+「A」キーを押します。
1ステップで操作できるので非常に便利です。
Meryをポータブル環境で使う時の注意点
使い勝手の良いMeryですが、ポータブル環境で使う場合にはひと手間が必要です。
Windows環境ではC:/Users/ユーザ/AppData/Roaming/Meryフォルダが作成され、Meryフォルダ内には設定ファイルMery.iniとMery.hisが作られます。
ポータブル環境で使用するには、Mery.iniとMery.hisをMery.exeと同じ場所に移動させればOK。
隠しフォルダを表示させてから作業しましょう。
詳しくはMeryWikiでご確認ください。
MeryWikiよくある質問――ポータブル環境 (USB メモリなど) で使用できる?
Meryはこれまで不便を感じていた管理人にはぴったりなテキストエディタでした。
便利で使いやすいテキストエディタを探している人は一度試してみてください。
MeryはVectorから入手できます。32ビット版と64ビット版があるのでご自分の環境に合わせて選んでくださいね。
【関連記事】
ブログの下書きが消えた!下書きツールを試してみる
ブログの下書きを自動保存してくれる「Textarea Cache」
 

2017年1月8日日曜日

楽天ベストROOMグランプリで現金1,000万円のチャンス!

ベストROOMグランプリ
楽天ROOMってご存知ですか?
楽天市場が運営するまとめサイトらしいんですが、その楽天ROOMで「第1回ベストROOMグランプリ」を開催中です。

このグランプリに優勝すると現金1,000万円がもらえるんだとか。

一人に1,000万円ていうのがすごいですよね。
去年の11月から始まっていたようですが…とりあえず今からでも参加してみようかな。

◆キャンペーン期間:2016年11月24日(木)10:00~2017年2月28日(火)9:59
◆キャンペーン詳細:https://room.rakuten.co.jp/feature/10m_campaign/

※楽天市場のIDがあればすぐ始められます。
 

2017年1月4日水曜日

Leawo 無料配布第3弾は『LeawoHD動画変換プロ』

更新日:2017年02月25日(土)
Leawo 無料変換キャンペーン
年末から開催されているLeawo無料配布キャンペーン。
最終の第3弾は「LeawoHD動画変換プロ」です。

mp4ファイルはもちろん2D動画を3D動画に、iPhoneやiPad等のiOSデバイス、Android端末でも再生可能な動画形式へと変換できます。

実際に使ってみましたが、わかりやすいインターフェースとなっているので、操作自体はそれほど難しくないと思います。
無料配布期間は2017/01/04(水)~01/14(土)までです。
期間限定となっているのでこの機会にゲットしてはいかがでしょうか。

キャンペーン特設ページで名前とメールアドレスを登録すればライセンスコードを取得できます。

無料配布期間中にソフトのインストール及びライセンス認証(アクティベーション)を済ませないとソフトの入手ができませんのでお気を付けください。
アップデートとテクニックサポートは対象外です。

◆キャンペーン特設ページ
http://www.leawo.org/jp/promotion/special-offer/
◆「LeawoHD動画変換プロ」の詳細はこちら
http://www.leawo.org/jp/video-converter/

【関連記事】
無料配布の 『Leawo HD動画変換プロ』 を使ってみた。vol.1
無料配布の 『Leawo HD動画変換プロ』 を使ってみた。vol.2