-->
スポンサーリンク

2017年3月17日金曜日

rel="nofollow"の使い方がよくわからないのでGoogleの張り方を確認してみた

タグが表示されたパソコン画面
最近気になっているのが「rel="nofollow"」の使い方です。
rel="nofollow"は設定したリンク先のページを検索エンジンがたどらないよう、指示を与える時に使います。
これにより、検索エンジンで自分のサイトの評価が下がることを防げます。

Googleが推奨する使い方は
  • 信頼できないコンテンツ
  • 有料リンク
  • クロールの優先順位  
となっています。――特定のリンクに対して rel="nofollow" を使用する

引っかかったのが「信頼できないコンテンツ」です。
管理人は以前、リンク先のサイトがペナルティを受けている場合もあるので、外部サイトへのリンクには"nofollow"を付けるようにアドバイスされ、その通りにしてきました。

ですがGoogleは外部リンクにもれなく"nofollow"が付いたサイトは不自然としています。

ネットで検索すると「一般ユーザーが"nofollow"を付けても意味がない」「ネタにしておいて"nofollow"を付けるなんて失礼だ」という意見もあり、よくわからなくなってきました。

そこでふと思いたち、Googleの外部リンクを確認してみました。
あれ…?
Googleトップページの外部リンクが「rel="nofollow"」になってる。

赤枠で囲まれ、打ち消し線が引かれている部分がrel="nofollow"付きのリンクです。
"nofollow"の付いたGoogleの外部リンク
リンク先は「未来への学び」というサイトで
URLはhttps://miraimanabi.withgoogle.com/です。

withgoogle.com」なのにフォローしてないことに驚きました。

Googleは外部リンクをあまり張らないので全く気付いてなかったけど、しっかり"nofollow"にしてたんですね。
スクリーンショットは撮り忘れましたが、別のサイトのリンクも"nofollow"でした。
今までGoogleがリンクするサイトって何の根拠もなく「信頼できるサイト」なんだと思っていました。

考えてみれば当たり前ですよね。
Googleだからこそ評価できないサイトがわかるってことでしょう。
withgoogle.comだけど…。

rel="nofollow"の使い方はもっと単純に考えたほうが良いようです。
当ブログではGoogleにならってGoogleの公式サイト及びAdSenseの規約、ヘルプページ等を除いた外部リンクにrel="nofollow"を付けることとしました。

nofollow属性をしっかりと理解しているわけでもないし、いまのところそれが安全なのではないかと。
仮に当ブログがリンクしていただいた場合、評価されなくてもアクセスは可能です。
この先変わるかも知れませんが、現時点では使いこなせないので仕方ない。

Bloggerでは作成画面の「リンク」メニューをクリック→「リンクを編集」で簡単にrel="nofollow"を追加できます。
リンクを編集
HTMLに詳しくなくても追加できるので助かりますね。

■リンクがrel="nofollow"かどうかをひと目で見極めるにはGoogle Chromeの拡張機能が便利です。
※「NoFollow」はGoogleウェブストアで入手できなくなったようです。
拡張機能の使用は自己責任でお願いします。
スポンサーリンク
こんな記事も書いてます。
 

0 件のコメント :

コメントを投稿